アレキサンダーテクニック

  •  最小限の力で美しく力強い音色を奏でられるようになる。
  •  不自然な演奏のクセ、体の歪みなどが解消される。
  •  極度な緊張状態でも、体を正しくコントロールできるようになる。

 

アレキサンダーテクニックとは

名門ジュリアード音楽院、英国王立音楽院、ボストン音楽院でも取り入れられている「カラダの扱い方」を探求する学問。筋肉をつける、柔軟性・持久力を高めるなどのトレーニングは広く知られていますが、アレキサンダーテクニックで重視される「脱力法」について、特に日本ではほとんど知られていないと言っていいでしょう。中村孝治ピアノ教室ではアレキサンダーテクニックを応用したピアノ演奏指導を行っています。「最小限の力で、最大限の音を出す。」一見矛盾しているようですが、一流演奏家のほとんどが身に付けている技術です。

 

 

「緊張するな!」なんて無理な話

世界的な名ピアニストでも演奏会、コンクール前は必ずと言っていいほど緊張します。しかし、その緊張の中でも最高のパフォーマンスを発揮します。それはなぜか?それは精神と肉体を切り離してコントロールしているからです。一般的に緊張することで筋肉が強張ります。演奏本番でガチガチに緊張するといった表現がこれにあたるでしょう。その状態では練習通りのパフォーマンスができるかどうかは言うまでもありません。しかし精神的な緊張と肉体的な緊張はイコールではありません。精神が緊張していても肉体を平常時のようにコントロールすることが可能です。アレキサンダーテクニックを学ぶ真髄はまさにそこにあります。精神的な緊張と肉体的な緊張は、実は別物なのです。

 

ピアノ演奏だけにとどまらない、生涯財産となる貴重な感覚

アレキサンダーテクニックの取得によりピアノ演奏により一層の深み・味が出るだけでなく、生涯にわたってなにものにも得難い「体と対話する感覚」を見に着けることができます。美しい姿勢の獲得、故障しにくいからだづくり、ピアノ演奏でスランプに陥ったとき、ふと息抜きをして窮地を脱することもできるでしょう。事実、いかなる治療をもってしても治らなかった講師中村孝治の腰痛、頸部痛が、アレキサンダーテクニックとの出会いによりすっかり解消されたという事例もあります。特に演奏中の腕の痛みや肩こりにお悩みの方には効果抜群です。

 

 

英語とピアノ

      •  英語を学ぶではなく、英語で学ぶ

音楽における外国語の必要性

音楽を学びコツコツと上達をしていくと、いずれ海外の先生からの指導を受ける機会も出てきます。その時に通訳を通してしまうことは簡単です。しかしそれでは本当に先生が教えたい細やかなニュアンスや指導の熱といったものを100%享受することができず、非常にもったいないものです。

毎年海外の著名な先生のレッスン通訳も請け負っている中村孝治が、レッスンに必要な英会話やあらゆる場面に使える基礎的な生活英会話についてピアノレッスンを通して教え、習得することを目指しています。英語を学ぶのではなく、英語で学ぶことでより実践的、実用的な英語を学ぶことが可能になります。

 

スパイラルトレーニング

      •  半強制的にピアノ演奏の予習・復習ができる。
      •  演奏家としての視野が広がる。
      •  生徒同士で「教える・教わる」ことでより深い理解が得られる。

スパイラルトレーニングとは?

螺旋(らせん)や渦巻きを意味するスパイラル。スパイラルトレーニングとは、年齢・ピアノ習得度が異なる生徒たちで行うグループレッスンのことを指します。例えば、3歳~12歳の子でまとめてレッスンを行う。小さなこどもたちは、ある程度ピアノを弾きこなす先輩の演奏を見て、近い将来の上達した自分をイメージしやすくなります。逆に年上の子たちは小さいこどものレッスンを見ることで基礎的なトレーニングメソッドを思い出したり、もしくはその子たちを指導をするという経験の場ともなります。中村孝治ピアノ教室では、このスパイラルトレーニングを月2回開催いたしております。

またほとんどの場合、個人レッスンとグループレッスンは別コースとして扱われ、内容も料金も別です。中村孝治ピアノ教室においてはグループレッスンを個人レッスンの補助として位置付けており、グループで学べる内容はグループで勉強し、個人レッスンでは個人レッスンでしかできないことに集中することが出来ます。

 

たくさんの演奏家と出会うということ

ピアノをはじめ、楽器の練習は孤独になりがちです。背景の違う演奏家と同じ空気を共にすることで、演奏家としての視野を広めることができます。同じ様な年齢、同じ様なピアノ歴、なのに演奏技術も表現力も全く違う。こうあってしかるべき。特に小さなお子様、これから演奏家として世界に羽ばたいていこうと思っている人は、1人でも多くの演奏家と出会いましょう。同じ曲目でも、演奏家が変われば別の曲のように聞こえるはずです。

 

「教えられない」ことは、理解していないことと同じ

スパイラルトレーニングの中で、生徒同士で教え合う機会を設けます。自分は演奏できても、その方法を教えることができなければまだその程度の理解であり、習得度であると言っていいでしょう。「教える」ことには多くのエネルギーを要します。人に教えることができるようになれば、自分がスランプに陥ったときも冷静に自分自身に諭すことができるようになるでしょう。

 

 

ピアノ初見練習

  •  より早い段階で楽譜に慣れることができる。
  •  楽譜に慣れることでより多くの曲、より多くの練習ができるようになる。
  •  初見ができるピアニストとして広く求められるようになる。

難易度の低い曲を、あえて練習させます

ピアノの技術を高めようと思った時、ほとんどの人が徐々に難易度の高い曲を練習していきます。もちろん、演奏技術はそれにより身についていくでしょう。しかし、楽譜に慣れるという視点で考えると不十分です。中村孝治ピアノ教室では、ピアノ初見練習として敢えて今の自分のレベルより低い曲を練習させることがあります。簡単な曲ですから、演奏できて当たり前。演奏できるまでの時間をより短くする練習をすることで、初見能力を高めます。

 

より多くの曲に触れることで、演奏技術と表現力が高まる

早い段階で楽譜となれることができれば、一曲あたりに費やす時間も短くなり、新しい曲を練習するチャンスが増えます。どんな年齢であっても、多くの曲に触れることは技術面・表現面で考えても非常に重要なことです。講師本人が通常のピアニストよりも短い期間でピアノを取得することができたのは、この初見能力が大きく関わっています。

 

ピアニストとして生きていくために

バイオリンや管楽器と違い、ピアノはより複雑な楽譜を見て演奏する必要があります。他の楽器演奏者から当然のように初見演奏を求められることもあるでしょう。ピアニストとして生きていくために、初見ができてより多くのチャンスを得る方がいいのか、初見は諦めて自分の得意な曲だけで勝負するのがいいのか、答えは明確です。初見ができるピアニストは世間に広く必要とされます。

 


 

 

 

提携音楽教室との合同練習

ピアノだけでなく、バイオリン、金管楽器、歌などの異なる楽器の練習生を集めて合同練習を開催します。ピアノだけではなく、他の楽器の演奏、表現に触れることで音楽への知見がより広まる深まることでしょう。知らない生徒と一緒に練習をすることで、小さなお子様にとっての社会性も身につくはずです。

 

 

福岡を芸術の街に

Art-Chef代表 中村孝治

中村孝治ピアノ教室を運営すると同時に、Art-Chef(アートシェフ)の代表を務める中村孝治。若手演奏家の支援や育成を理念にクラシック音楽、ジャズ音楽などを中心に既存の形にとらわれない数々の公演を企画運営しています。

10171081_489868721138694_8603852987216848501_n