中村孝治(室見校)

ピアノ

中村孝治(なかむらこうじ)。1985年生まれ、福岡出身のピアニスト。幼少期から18歳まで柔道(黒帯所有)、空手、少林寺拳法などの武道に没頭。中高は長崎の私立青雲学園にて過ごす。

プロピアニストの多くが幼少期からのピアノの英才教育を受け大成するものだが、中村孝治がピアノに出会ったのは17歳。ほぼ独学で19歳の頃にピアノの道を志し単身渡米。カルフォルニアにて一日15時間を超えるピアノ漬けの日々を送る。1年半後、奇跡的に全米でも屈指のボストン音楽院に合格。入学してからは周囲の演奏レベルとの圧倒的な差に多くの挫折と劣等感を味わう。演奏家仲間、周囲の人々の励ましと支えを受けながら、ボストンの街で一演奏家として、ひとりの人間としての感性を培う。2011年同院卒業後、2012年福岡に帰国。異色の経歴を持つピアニストとしてリサイタルの開催やコンクールにも多数入賞。これまで若手の演奏家を育成するべくピアノ教室を主催する傍ら、一般社団法人Art-Chef(アートシェフ)の理事長も務めるなど、地域への文化貢献にも積極的。「人と街の感性を育む」を理念にクラシック・ジャズ音楽を中心として多彩な企画を開催した。一般財団法人日本プロスピーカー協会認定ベーシックプロスピーカー。

●コンクール受賞歴等 2010年ボストン音楽院ピアノコンクール 現代曲部門入賞 2011年ル・ブリアンフランス音楽コンクール 入選 2012年北九州芸術祭 ピアノ部門奨励賞受賞 など

折居吉如(名島校)

ピアノ

折居吉如(おりいよしゆき)1995年生まれ、福岡市出身。
4歳よりピアノを始め、10歳の夏ドイツに渡った事をきっかけに音楽の道を志す。
大学に在籍中に数多くのコンクールや音楽セミナーを経験し、名ピアニストや名指導者に触れたことで人前で演奏し音楽を作る素晴らしさや一つの楽曲をとことん分析し深めていく楽しさを改めて実感する。音楽に一生深く関わり、貢献していくために自分に何が出来るかと自問自答した後、ソロ演奏や他楽器とのアンサンブルなど演奏活動の傍ら自身のピアノ教室を開校。
レッスンにおいては『一生音楽に関わる!』をモットーとし、子供たちから大人までピアノの楽しさを伝えることで、生涯に渡って音楽と共に豊かな人生を歩める人間を育てたいと強く願っている。そのためにジャンルにこだわることなく、普段よく耳にする身近な音楽からクラシック音楽まで幅広く指導を行なっている。
2008年以降、ハンガリーの首都ブダペストで行われたBudapest Music Seminar に参加、ハンガリー国立リスト音楽院ピアノ科主任教授・カールマン・ドラフィ氏の元で研磨を積む。福岡第一高等学校音楽科を卒業後、福岡教育大学芸術課程音楽コースを経て、現在は同大学の院に在籍中。
● 師事歴
これまでに関野直樹、故宝木多加志、武内俊之、永野栄子に師事。高雄有希、鈴木弘尚、ケマル・ゲキチ、カールマン・ドラフィー、シプリアン・カツァリス各氏のマスタークラスレッスンを受講。
●主な受賞歴
第50回北九州芸術祭クラシックコンサートグランプリ及び福岡県知事賞受賞。・第33回飯塚新人音楽コンクール最年少第2位、併せて飯塚市教育委員会賞を受賞。
・第49回フランツ・リスト国際ピアノコンクールにてセミファイナリスト
・第39回霧島国際音楽祭にて霧島国際音楽祭賞を受賞。

加藤優太(室見校)

ギター

1992年、福岡県出身。8歳よりクラシックギターを松下隆二氏に師事。福岡県立修猷館高校を卒業後、2013年よりスペインに留学し、巨匠アンドレス・セゴビアの生まれ故郷であるアンダルシア州ハエン県リナレス市のアンドレス・セゴビア音楽院にてフランシスコ・クエンカ氏の指導のもと、研鑽を積む。またフラメンコギターをルイス・カーロ氏に学ぶ。

在学中より同市のアンドレス・セゴビア博物館や近隣の街ウベダの音楽院等にてソロコンサートを行い、好評を博す。2015年、同音楽院を卒業し帰国。
これまでに福田進一、尾尻雅弘、池田慎司、富川勝智、ルベン・パレホ、エンリック・マドリゲーラ、ハビエル・ガルシア、アーメット・カンネジ、ササ・デヴァノヴィッチ各氏のマスタークラスを受講。

第20回アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール(リナレス)、アンサンブル部門にて第3位。その他スペイン国内のギターフェスティバルに多数参加。
これまで、2016年3月に1st.ソロアルバム『PASEO DE ANDALUCIA〜アンダルシアの散歩道〜』、 2018年4月にオカリナ奏者の弓場さつき氏とのデュオアルバム『colorido〜コロリード〜』、2018年9月に2nd.ソロアルバム『Floreo "México y Cuba en su Música"〜フロレオ"メキシコとキューバの音楽"〜』をリリース。

現在はソロ演奏はもちろん、ピアノや声楽、ヴァイオリン、フルート、オカリナなど他楽器とのアンサンブルも精力的に行っており、全国各地で演奏を行っている。

Maison-F 音楽教室(福岡市早良区飯倉)、島村楽器 クラシックギター科講師。Studio Quokka 代表

塩川正和(非常勤)

ピアノ

3歳よりピアノを、8歳よりヴァイオリンを始める。
福岡第一高等学校音楽科卒業。仏パリ・エコールノルマル音楽院にフジ・サンケイスカラシップの奨学金を受け授業料全額免除で入学。20歳にて同校の高等教育課程ディプロムを、翌年には高等演奏課程ディプロムを取得。

福岡県高等学校音楽文化連盟コンクールにてグランプリ、ショパンコンクール in Asia 協奏曲C部門九州大会金賞、北九州芸術祭クラシックコンクール一般の部において最年少17歳で大賞及び県知事賞を受賞。フランスにてエクソンプロバンス・ピアノコンクール第3位、フラム国際コンクール、フォーレ国際コンクールファイナリスト。
また、仏ボルドー市にて開かれたユーロ・ニッポンミュージックフェスティバルに招待演奏者として参加し、ソロ曲及びシュピーゲル弦楽四重奏団とシューマン作曲のピアノ五重奏曲を演奏し好評を博す。

ピアノを黄海千恵子、高雄有希、故宝木多加志、ブルーノ・リグット、イヴ・アンリ各氏に、室内楽をクロード・ルローン氏に師事。
【Web】http://masakazu-shiokawa.com