みなさん、こんにちは。
室見校の中村です。

今日は教室のレッスン内容についてご紹介させていただきます。

特に3~4歳のお子さんを習わせようか迷われている保護者の方には最後までお読みいただきたい内容です。

昨年の中旬ごろより室見校、名島校の両校にて3~7歳までの子供たちを対象に絶対音感トレーニングを開始しました。

江口式絶対音感トレーニング

江口寿子先生の長年の研究により開発された江口式絶対音感トレーニングは「正しいトレーニングを行えばほぼ確実に絶対音感が身につくメソッド」として世界でも唯一のトレーニング法です。
当教室ではその江口式を取り入れトレーニングを行っています。

うちの教室でもトレーニングを開始して9か月ほどで、早くも絶対音感がほぼ身についたと言える生徒さんが出てきています。
その生徒さんはまもなくトレーニングの全工程を終了し、晴れて絶対音感を身につけることが出来るでしょう。
私も江口式のその高い効果をまさに実感しているところです。

絶対音感とは?

そもそも絶対音感とは何なのか、みなさんはご存じでしょうか?
端的に言うと、音を聴いたときにその音がドレミファソラシドの中の何の音なのかが分かる能力です。
ではそれが分かるとどんなメリットがあるのでしょうか?

  1. 聴いた音楽を楽譜なしで弾ける(耳コピ)
  2. 暗譜(曲を覚えること)が早くなる
  3. 難関音大入試レベルのソルフェージュ問題が楽々聴き取れる
  4. 作曲・アレンジに役立つ

絶対音感を持つ人たちの中には「何度か曲を聞いたら、それだけで全て弾けてしまう」という猛者すら世の中にはいます。
そこまで行くとはっきり言ってもう卑怯だとすら思えてしまいますね…。

というのも実は私は絶対音感の欠片も持っていないのです。

まさか!?と思われるかもしれませんが、音楽家が全員絶対音感を持っているわけではありません。
つまり絶対音感がないからといってピアノが弾けないわけではないのです。
しかし絶対音感があることで得られる、演奏上のアドバンテージは計り知れないものがあります。

最近TVなどで活躍しているハラミちゃんやピアノ演奏でYoutuberとして人気の方々は、おそらく全員絶対音感をお持ちではないかと私はにらんでいます。
ちなみに演奏家としてもしっかり活動している名島校の折居先生も絶対音感を持っています。
演奏家として活動できるだけの速度で曲をこなせる能力は、少なからず絶対音感による恩恵もあるのでしょう。

幼少期にしかできないこと

絶対音感は私が音楽家として1番欲しいもの。
しかし残念ながらそれが叶うことは一生ありません。

なぜなら絶対音感を身につけるには8歳までにトレーニングを完了しなくてはならないからです。

演奏技術は私のように遅くピアノを始めても努力次第で身に着けることができますが、絶対音感ならびにそれに準ずるような精度の音感については幼少期にしか身に着けることができないのです。

お子さんを何歳からピアノ教室に通わせるか迷われている方は、少なくとも早いうちに絶対音感トレーニングに取り組むことを強くお勧めします。
私もまもなく第1子が産まれる予定ですが、その子が音楽の道に進むかどうかは関係なく絶対音感を身につけさせてあげたいと思っています。
それが幼少期にしか与えてあげられない、生涯に渡る大きなギフトとなるはずだからです。

当教室では通常のレッスンの中にトレーニングを組み込む形式の他、絶対音感トレーニングのみのコースも用意しております。

絶対音感トレーニング 月2回/ ¥2,200(3~7歳対象)

お電話でのお問い合わせ

tel.090-8350-4077

「WEBサイトを見た」とお伝えください。

LINEでの友達追加はこちら

友だち追加

メールフォームからのお問い合わせ

連絡先の入力間違いにお気をつけください

メールフォームからお問い合わせいただいた際は、入力された連絡先に折り返しご連絡致します。内容に誤りがあるとこちらからご連絡することができかねます。誤りのないよう十分にお気をつけください。

室見校ピアノ室見校ギター名島校ピアノ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文