こんにちは、名島校の折居です。

今日は“緊張”について話したいと思います。

コンクールでの本番、演奏会での本番、発表会での本番、種類は違いますが基本的に本番とは緊張する物です。
緊張を和らげる方法というのはこれまでにたくさん考えられています。

人によってこれが効く!というのはありますが、基本的に“緊張しない方法”は存在しません。
手を温めたら緊張しない、3回手に人を書いて食べたら緊張しない、直前までずっと喋っていたら緊張しない、などなど残念ながら気休めなんですね。

ではどうやって怖い緊張を乗り切るのか。とても簡単です。

 

気合いです。

 

冗談ではなく、何か特別な事に縋る必要はありません。
大事なのは今までやってきた努力を昇華させる!という心の持ちようが何より大切です。
物事において絶対的な自信を得るためにはそれを裏付ける努力、ピアノでいうと練習と曲への分析が必要不可欠で、そこが自分の中で納得いくものであれば、何よりの緊張への特効薬となります。

また、緊張というのは曲への集中力、空気感を演出するのに必要なファクターであり、これが全くないと、どういうわけか精彩さを欠いた演奏になってしまうのです。

まとめると、極度の緊張で演奏ができない場合は、より自信をつける為の努力を、それ以外の場合は気合いで乗り切ってください!

お電話でのお問い合わせ

tel.090-8350-4077

「WEBサイトを見た」とお伝えください。

LINEでの友達追加はこちら

友だち追加

 

メールフォームからのお問い合わせ

連絡先の入力間違いにお気をつけください

メールフォームからお問い合わせいただいた際は、入力された連絡先に折り返しご連絡致します。内容に誤りがあるとこちらからご連絡することができかねます。誤りのないよう十分にお気をつけください。

    室見校ピアノ室見校ギター名島校ピアノ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文