About Us

中村孝治ピアノ教室について

代表挨拶

ピアノは楽しくてこそ上達します。

指導者としていかに楽しくピアノを学べる環境を作ってあげられるか。

そしてその先に、

「ピアノを楽しく学びながら、それプラス何を伝えることができるか?」

当ピアノ教室では常にそれを思考錯誤しております。

(1)「愛される子になる」ために協調性と社会性、そして明るい人間性を育てる

(2)「人の役に立てる心を持つ子になる」ために優しさと頼りがいのある芯の強さを育てる

(3)「将来社会で活躍できる子になる」ために論理的思考力を身につける

これが当ピアノ教室の追い求める教育です。

 

中村孝治とは

中村孝治(なかむらこうじ)。1985年生まれ、福岡出身の体育会系ピアニスト。幼少期から18歳まで柔道(黒帯所有)、空手、少林寺拳法などの武道に没頭。中高は長崎の私立青雲学園にて過ごす。プロピアニストの多くが幼少期からのピアノの英才教育を受け大成するものだが、中村孝治がピアノに出会ったのは17歳。ほぼ独学で19歳の頃にピアノの道を志し単身渡米。カルフォルニアにて一日15時間を超えるピアノ漬けの日々を送る。1年半後、奇跡的に全米でも屈指のボストン音楽院に合格。入学してからは周囲の演奏レベルとの圧倒的な差に多くの挫折と劣等感を味わう。演奏家仲間、周囲の人々の励ましと支えを受けながら、ボストンの街で一演奏家として、ひとりの人間としての感性を培う。2011年同院卒業後、2012年福岡に帰国。異色の経歴を持つピアニストとしてリサイタルの開催やコンクールにも多数入賞。これまで若手の演奏家を育成するべくピアノ教室を主催する傍ら、一般社団法人Art-Chef(アートシェフ)の理事長も務めるなど、地域への文化貢献にも積極的。「人と街の感性を育む」を理念にクラシック・ジャズ音楽を中心として多彩な企画を開催した。一般財団法人日本プロスピーカー協会認定ベーシックプロスピーカー。

●コンクール受賞歴等 2010年ボストン音楽院ピアノコンクール 現代曲部門入賞 2011年ル・ブリアンフランス音楽コンクール 入選 2012年北九州芸術祭 ピアノ部門奨励賞受賞 など

事業概要

早良区 室見校

東区 名島校

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

希望の教室(必須)

メッセージ本文