絶対音感トレーニング

当教室では江口式絶対音感プログラムを実施しております。絶対音感を身に着けるための方法として、これまで世界中で様々な試みが行われてきましたが、この江口式は正しい練習方法を行えばほぼ確実に絶対音感を身に着けられる、世界で唯一のプログラムです。

対象年齢 3~7歳(トレーニング開始年齢)
コース料金 ¥2,200 / 月2回 (1回5~10分程度)
実施教室 室見校 / 名島校

※通常のピアノレッスンの中でオプションとして取り入れることも可能です。その場合はピアノレッスンのお月謝と別に追加で¥1,000となります。

 

絶対音感とは?

絶対音感とは、他の音と比べなくても、突然きこえた音の音名が分かる能力のことです。
絶対音感を持っている人は0.2~0.5%と、非常にまれな能力でありながら、年齢の小さいうちに江口式による適切なトレーニングをおこなうことによって、誰もが習得できる能力であることが分かっています。

味覚に例えるならば、口にした食べ物の材料から出汁、調味料、スパイスに至るまでを感覚的に理解できるような能力です。この能力はピアノの演奏においてあらゆる面で大きなアドバンテージとなるだけでなく、作曲やアレンジ、即興演奏などにも強力なツールとなります。もちろん絶対音感がなくともピアノを演奏することには全く問題ありませんが、身につけることによるメリットは大変大きなものです。

 

ご自宅での練習の手引き

1.練習に必要なもの

①旗(14色) ②ピアノまたは電子ピアノ ②ノート(記録用)

 

2.旗の色と和音について

  1.赤     ド ミ ソ   8.ピンク   ソ シ レ  
  2.  黄     ド ファ ラ   9.茶色    ソ ド ミ  
  3.青     シ レ ソ   10.黄緑    ラ ド# ミ  
  4.黒     ラ ド ファ   11.肌色          レ ファ# ラ  
  5.緑     レ ソ シ   12.薄紫    ミ ソ# シ  
  6.オレンジ  ミ ソ ド   13.灰色    シ♭ レ ファ  
  7.紫     ファ ラ ド   14.水色    ミ♭ ソ シ♭  

以上が基本的な14本の旗の色と各色に応じた和音になります。教室でのレッスンは上記の組み合わせでレッスンを行いますので、ご自宅でも必ず同じ組み合わせで練習をしてください。

3.練習のやり方

練習は必ず1本(赤)から開始します。1本での練習はただ目の前の赤旗を挙げるだけなので、無意味なように思われがちですが、ここでの狙いは2つあります。

  1. 赤の響きを完璧に理解させること
      • 赤の響きを他との比較ではなく、それ単体として捉える絶対音感の第一歩となります。
  2. トレーニングの流れに慣れさせて、レッスンのスタイルを理解させる
      • 「集中して聴けるようにする」、「大きな声で旗の色を言う」、「旗を手に持って高くあげる」などのスタイルを理解させ、確立するための重要な期間です。

2週間ほど赤のみのトレーニングを続けた後に、2本目(黄色)を加えます。そしてそれぞれの色を誤りなく答えれる状態を2週間ほど継続できるようになったら新しい色を1本ずつ足していきます。2本目以降は必ず練習記録をつけてください。

9本目の旗が覚えられた時点から答え方を、「赤」などの色から「ドミソ」と音名に切り替えます。